商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第6回


ずっと風景の中にあって気になっているものがあります。でもなんとなく過ぎていって、それがなんとなくぼんやりしているものがあります。
例えば、夏至を前後にいつも青い空をバックに山の端に咲いていたねむの木たちです。昆虫採集に行ったり(子供のころにはまっていてかなりの殺生をしてしまいました)、じいさんの手伝いに山に行ったときに、そのほわほわの花が、トゥルルルの葉っぱの間からそのピンク色の顔を覗かせていました。
それから、長い年月が流れ、ある意味今回初めて出会った感じがあります。場所は時々行くファミリーレストランのすぐそばの歩道の街路樹。どうしてまたそんなところで?高いところにある花がたまたま低いところにあったので、時間がなかったけれど、とにかく見てみようと歩み寄ってみました。


ねむの木1

真下から眺めてみると、それは細波の響き合いのようでした。いろんな木々の葉を見てそう感じることがあります。それは、海の波の重なり合いのようであり、空の薄いの雲リズムのようでもあります。このねむの木は特にこのリズム感がよく現れているようで、トゥルルルという響きを連想させます。考えてみたら、葉っぱというものは木の枝から空に向かって放たれる水しぶきのように思います。流れあるところ、必ずリズムが生まれます。
わたしたち生きている世界は流れているので、水の波に始まって、雲の波、音の波、木々の葉、様々なリズムに包まれています。こういうリズムを見ていると、とてもすがすがしく、元気がでできます。考えてみると(考えることが多いです)元気というもの自体、リズムかもしれません。他のリズムを感じることで、自分自身のリズムを強めているのかもしれません。皆さんも暇があったら(暇なんてないでしょうね)いろんな植物の枝葉のリズムを体験してみてください。結構いい感じです。


ねむの木2

さて、間近にやってきました。漠然と花のイメージはあったのですが、近づいてみて、初めてこの花に出会った感じがしました。針のようなたくさんの花びら。??花びら?突端に小さなチョボチョボが付いています。おしべ?こんな軽やかな色を持つおしべ?もうなんだか分からなくなってきました。そういえば、針の周りに小さな白い王冠のような襟が付いています。これが花びらなんでしょうか。襟に徹している何と控えめな花びらでしょう。よくよく眺めてみると、とてもあれだけのものが詰まっていそうにない包みの中から、袋が破れ、赤い閃光が白い柱とともに勢いよく飛び出し、すっと襟を立てるとさらに高く伸び先のほうでまた四方八方に分かれて破裂しています。
―意識の変容がしばし起こる―
「なんてこった、うかつだった、花火祭りは浜ウドだけじゃないじゃないか。(つれずれの3参照)」「花火には大玉だけじゃなく、しだれ菊(?)もあったんだ。なんと、エレガントな。」
そう、祭りだったんだ。植物たちの親であるお日さまが、一番の高みに上る。それを植物たちは様々な表現でお日さまにその感謝を表している。あの空ろに見えていたねむの木が実は、あんなに力強く、しかも繊細に世界に向かって自分自身の花粉を飛び散らせていたんだ。
また音楽が聞こえてきそうです。今、世界中のねむの木が空に向かって感謝の祝砲を打ち上げている。それは風に乗り、光に乗りわたしたちの感情の世界の中に降り注いでくる。
―正気に戻る―



つれづれ始まって以来最初の試みです。
次回のテーマのクイズを出します。
さて、この写真はいったい何の写真でしょう。
ヒント、この写真をよく観察すると分かると思います。
それでは、お答えお待ちしています。
正解者に何か出すの?
ごめん。
賞賛の気持ちだけ。


04.07.02    井手芳弘 ide@perol.net