商品紹介   催し情報   つれづれ   営業案内   アクセス   手づくり   ラウム   BBS   トップ
 
 
つれづれ
オーナーの井手芳弘がつれづれに書いてます。毎月一回くらいのペースで掲載していきたいと考えていますので、よろしくお願いします。



133 秋なのにお月さまを追いかけずにお日様を追いかける
132 視覚(思覚?)
131 移り変わり
130 秋は空と影の季節?
129 ちょっと紹介します。
128 月山研修 Part2
127 月山研修
126 ある夕暮れの雲の移り変わり
125 静まっていくもの、響くもの
124 夏至を祝う者たち
123 摩天楼 skyscraper(空をひっかくもの)
122 ハナミズキとヤマボウシ
121 花と葉
120 春の発見
119 ヴィンターさんワークショップ
118 教室作品展
117 ラウターヴァッサーさんでの研修
116 ニーダーさんでの研修
115 ドイツ行2009
114 時が止まるとき
113 すがすがしい青
112 枯れ
111 枯れと光
110 波間
109 自然の息吹
108 秋の祭り
107 ヨハネス・キュールさんの講座
106 虹色の雲の故郷
105 虹の輪っか
104 虹を探しに:お日さまの周りの虹たち
103 虹を探しに.光の網
102 虹を探しに
101 虹の真珠たち
100 滝と虹
99 虹の色
98 一休み
97 君の虹 ボクの虹
96 虹の大きさ
95 虹を探しに
94 旅行のまとめ
93 記憶が輝き始めるとき
92 やっとやってきたノーザンライト
91 しばしの日向ぼっこ
90 羊飼い3
89 羊飼い2
88 羊飼い1
87 たどり着いたらそこは残り火
86 家作りのこと
85 水の誘い
84 夕焼けの競演
83 ウサギたちの驚き 後編
82 ウサギたちの驚き
81 風呂敷の空
80 彩雲と暮らす日々
79 お日様の働き
78 蓮の精たち
77 トロイの木馬を求めて
76 昼間に満月を探すこと
75 再び光の館へ
74 水の心
73 私の仕事場
72 ライアの講座
71 やっぱり 桜との戯れ
70 疲れたよ〜
69 白い妖精たちとの日向ぼっこ
68 ドイツ旅行<メルヘンの教訓>
67 何とか間に合った!(?)
66 一休み
65 結局また来てしまった…パート2
64 結局また来てしまった…
63 影と地平線
62 流れ
61 逃がした魚は大きい
60 秋の道草
59 お月様いくつ?十三七つ
58 フラッシュバック
57 自己研修
56 それは決まってカメラを置いてきた時
55 光の夢
54 夏の夕暮れの夢
53 夏の祭り
52 日々の楽しみ
51 青い風と白い蝶
50 相変わらず若葉酔い
49 若葉の迷い
48 水の命
47 再び影との語らい
46 トリオ
45 ドイツ語
44 ニュールンベルク玩具メッセ
43 影を追いかける
42 日向ぼっこ
41 ハレ
40 浄化の火
39 迎え火
38 ただ何となく
37 秋の展覧会
36 つれづれってる(?)今日この頃
35 物作り
34 空は開けた
33 ゴジラたちのふるさと
32 影送り
31 ある夏休みの日々
30 子供たちの絵
29 教室の子供たちとのこと
28 梅雨は青い帽子をまとって
27 海の散歩でのつぶやき
26 撮影したいもの
25 新芽
24 春の目覚め
23 トイ・メッセ
22 ペロルのルーツ
21 ドイツ旅行・2
20 ドイツ旅行・1
19 そうそれはある一日
18 冬に悩むこと
17 冬の日ざしの下で
16 煙の色は七変化
15 虹の中心を探しに行こう
14 おまつり
13 思い違いと秋の影
12 秋の日の水日溜りにて
第11回
第10回
第9回
第8回
第7回
第6回
第5回
第4回
第3回
第2回
第1回



 
第3回


二回も光の話で、それもわかりにくいものが続きました。ただただ、珍しいものを提示しようと意気込んだせいでこうなってしまいました。私の思いとは裏腹に、「えー、なんだかわからない。」「それって珍しいの、へえー。」「結構自分に入り込んでる感じだよね。」などという反応が目に見えるようです。

そうこうしているうちに季節はだんだんと夏のクライマックスに近づいています。全てのものは、外へ、上へと伸びていきます。今年は、いつになく早く初夏のような陽気が訪れ、あたりは白いベールがかかったかのような輝く空気に包まれ、私たちの意識を飛ばしていきそうです。そんな今の時期楽しみなのは砂浜に行ってハマウドの大木を眺めることです。いま至る所に大木「?」が身をくねらせながら空に向かっています。ウドの大木なんて言葉を思い出しますが、大木というよりも私には、巨木に思えます。中心に巨大な柱が立ち、そこから四方に梁のようなスーッとした柱が伸び、さらにその柱の一つ一つからたくさんの細い棒が空へ向けて放射状に広がり、その突端につけた千成びょうたん(もしくは燭台)を天に向けて指し示しているかのようです。ここまで来るまでにこの植物がどれだけ一歩、一歩地上から積み上げ、支え、立ち上げていったかという、その力が見て取れるようです。そう、空に向って消え入るというよりこれはまさに植物建築(?)そのものに他なりません。力が入りすぎでしょうか。でも、この姿を見ていると力がみなぎってきて仕方が無いのです。もう、巨木というより殿堂に思えてきます。いや、カテドラルです。いやサクラダファミリアです。空に向かって何かを表現する、という目的のもと、一つの建築物が立ち上げられていきます。
―荘厳な音楽さえ聞こえてくるなあ。皆さんはどんな音楽ですか?―


そこで立ち働いているのは、巨大な柱(キャピタル)に登り、長い柱を身体で支えているチョビ頭のトトロ似の人たちです。長い柱の一つ一つをその身体全体で包むように支えています。ううむ、向こう側ではアクロバット的に身体を完全に反らせながら頑張っているものもあります。手前には身を捩じらせて支えているものもいます。それぞれが、それぞれのやり方で律儀にこの柱を支えています。もともとはこの柱も瓢箪も自分のおなかの中にあったのですが、それが、どんどん伸びていってこの有様です。ああ、なんだかこの方々が緑の水を放水している緑のマントを着た消防士さんに思えてきました。そうすると、これは水の祭典ウオーターフェスタというわけでしょうか。ちなみにこの方々は、大木の下のほうではそのチョビ頭を大きく広げ、巨大な葉として、光を吸い込んでいます。

時々この建物を訪れるのは緑と黒のストライプがイカしたアゲハチョウの幼虫です。この籠のような建物に守られ、一人のんびりと瞑想するかように、むしゃむしゃ無心になって殿堂をかじっています。
ああ、何というドラマがこの小さい世界に展開されているのでしょうか。私が日々生きていっている世界とはまったく違った世界がたくさんあり、ドラマが展開されているのでしょう。この白青く輝く空気のもと。
「いかん、こんなものばっかり見てないで、仕事しなくっちゃ。」


04.05.21    井手芳弘 ide@perol.net