商品紹介書籍,全リスト,
当店で扱っている商品のご紹介です。ご利用にあたっては商品ご購入の際のご注意を必ずご確認ください。「特定商取引法に基づく表示」はこちらです。
お知らせご購入金額1万円以上(税込)送料無料になりました。(03/19〜)


649:
発生学と世界の発生
* 

オーナーコメント
耕文社イザラ書房叢書シリーズです。

R・シュタイナーの考えを基礎にした治療教育運動であるキャンプヒル運動の生みの親であるカール・ケーニヒはお医者さんでもありました。

アントロポゾフィーと医者としての専門知識をベースに人間の発生について深く探求していった本です。日本では一般的にあまりなじみのない発生学ですが、そのことを学んでいく中で、人間の本質的なことに近づける気がします。

著者について
カール・ケーニヒ 1902-1966〔医学博士〕 養護施設で医者として働きながらシュタイナーの精神科学に基づく医療を中心に置いた生活共同体を組織しようと決心し、1940年代初頭のスコットランドに治療教育を核とする運動、今では世界的な拡がりを見せているキャンプヒル運動の最初の芽を芽吹かせた。 石井秀治 1946年生まれ。東京藝術大学美術学部彫刻科中退。ドイツ、ヴィッテンのヴァルドルフ教員養成コースにて学ぶ。 訳書に、J.ボッケミュル『植物の形成運動』、W.ホルツアップフェル『体と意識をつなぐ四つの臓器』、A..ズスマン『魂の扉・12感覚』、E..マルティー『四つのエーテル』他、耕文舎主宰。


インフォメーション
カール・ケーニヒ (著) 石井秀治 (翻訳)
・出版社:イザラ書房
・ページ数:134ページ
・発売日:1998/08/25
・サイズ:25.5×18×1cm


 
番号
商品名
税込価格
在庫の有無
軽送付の可否
備考
649-1
「発生学と世界の発生」(カール・ケーニヒ 著)
税抜定価¥2800
3024
在庫:有
軽送付:可
備考:—
 
 決済サービスSPIKEと連携し、VISA、MasterCard、JCBカードをご利用できます.ご利用にあたっては→こちらをご確認ください。
*ラッピングをご希望の方はこちらのページからお申し込みください。
  発生学と世界の発生